これからの農業のこと、もっと知ろう

農業の独立を考えるとき

農業の独立を考えるには、作物もそうですが、確定申告というところに着目します。
農業の場合も、青色申告と、白色申告があります。
事前に届け出ることで、青色申告については、青色控除の対象になるため手続きを考えることをおすすめします。
また、法人化を考えている方は、助成金などを会社でうけて、あとは、一緒の会社の農業者と利益分配などができ、機械なども、お互いに使うことのできるメリットがあります。
農業の独立は、個人と法人のふたつが考えられること、事業をスタートさせる前に確認することで、助成金や控除もあるということを意識しながら、考えていくとよいでしょう。
独立するということは、開業の手続きから申告・納税まで行うことを意味し、農作業はもちろん、経理面でも携わることになります。
開業のセミナーなどで、一度、参加され、気をつけておきたいポイントを抑えていくことでスムーズな開業へとつないでいくことができます。
ぜひ参考にしてください。

Uターン、Iターン者は農業で独立

地方では人口減少を食い止めるために都会から多くのUターンやIターンする人を募っています。
この呼びかけに応じて地方にやってきた人たちは多くが農業を生業として独立していきます。
各自治体でも農業を行うために帰ってきた人たちのために様々な助成を行ってそれを後押ししています。
農業にかかる農地を無料で貸し出したり住む家を無料にしたり、農業が軌道に乗って独立するまでの間年収を保証したりと多くの補助金を出して独立の後押しをします。
自治体ではこれにより定住してもらえば人口増加につながることから大歓迎であるし、UターンIターンした人にとっては所得の補償も受けられるし物価も安く、自然環境が豊富なところで生活でき、子供がいる人にとっては絶好のロケーションで生活することができます。
年々地方にIターン、Uターンする人が多くなってきており定年後の第2の人生を故郷や地方ですごしてみたいと思っている人も多くいるのが現状です。

おすすめWEBサイト

医療用ウィッグを自然にする

最終更新日:2018/4/27

Copyright (c) 2015 農業を考える All rights reserved.