これからの農業のこと、もっと知ろう

飲食店が農業を経営する

飲食店は主に客に食事や飲み物を提供して、代金を受け取るという事業を行っています。
このとき、業者などから食事を作るときに必要な材料などを仕入れるといったことを実行したりします。
そのようなときにおいて、飲食店が農業を経営して食事の材料を栽培するビジネスをするというアイデアがあります。
飲食店が直接農業をすることによって、仕入れるよりも安く食材を手にすることが可能となります。
さらに、農業によって栽培された食材を別の飲食店に供給するといったモデルのビジネスもできるようになります。
すると、飲食事業以外から収入を得るということができるようになるという側面を持つことになります。
飲食店が農業に参入するときにおいては、材料を栽培するための土地を確保する必要があります。
それゆえ、事業を行うときにはどこで栽培をするのかということを考えることが必要となります。
その他にも、事業をするときにおける知識や技術などを身に付けておく必要があります。

鉄道会社が農業を経営すること

鉄道会社の中には、ホテルや飲食店や百貨店などの事業を運営しているところがあるのです。
そして、鉄道会社の新しいビジネスとして農業を経営するという考えが存在するのです。
鉄道会社が農業を行うことで、新たな利益を稼ぎ出す収益源として扱うことができるようになります。
さらに、作った農作物はグループ会社であるホテルや百貨店のレストランなどに供給することができます。
他にも、百貨店の売り場で販売することができる他小売業でも売ることができるのです。
農作物を作る場所としては、鉄道会社が保持している利用されていない土地などを活用して事業をしていきます。
そのため、農作物を作るための土地を獲得するということを経験しなくても良いのです。
鉄道会社が農業を行うことには、農作物を作る人材を確保するという側面を保有しているのです。
農業をする人材がいることによって、農作物を作るためのノウハウなどを伝授させていくことが可能となります。

Favorite

Last update:2017/4/13

Copyright (c) 2015 農業を考える All rights reserved.