これからの農業のこと、もっと知ろう

農業における産業に関して

農業においては野菜などを栽培して、それを販売所などで売るというスタイルの仕事があります。
なお、現在においては農家が栽培だけでなく加工を行った上に商品を売り出すといった形態のビジネスが存在しています。
農家が農業によって作り上げた野菜などを育て上げたら、それを調理などして食料として販売していきます。
すなわち、野菜の栽培から販売までの行程を農家がすべて担当するということです。
このような形のビジネスは、第一次と第二次そして第三次と掛けていき第六次産業と呼ばれています。
このようなスタイルを採用することによって、農家は野菜の栽培以外の仕事による収入を得ることができます。
さらに、野菜を使った様々な商品を開発することで多様なメニューを作り上げることができるようになります。
このように、野菜の栽培に加えて製造と販売までもすることは農業における新しいビジネスとして捉えることができます。
同時に、農家の新しい仕事として考えていくことができるという側面を所持しています。

日本の重要な産業である農業と後継者

戦後の高度経済成長が成し遂げたのは工業だけではありません。
その背後には産業としての農業が大きな役割を果たしています。
政策により日本の農業は規模を縮小せざるを得なくなったことは事実です。
多くの要素が複雑に関係していますが、その代償は計り知れないと言えるかもしれません。
現在でも様々な課題が残されています。
そのうちの一つは後継者の問題です。
農業従事者の高齢化が進んでおり、後をつぐ世代は常に人手不足です。
しかしその一方で、田舎に移り住んで一から農業に挑戦する人々も増えています。
これは一筋の光とも言えるのではないでしょうか。
見よう見まねで成功することもあれば、志半ばであきらめることもあります。
ですからそうした人々を支える取組は欠かせません。
支援制度があることでさらに多くの挑戦者が現われることでしょう。
農家になるのは簡単なことではありませんが、得られる喜びは格別です。
試行錯誤の末、大地の恵みを収穫できるのはすばらしいことです。

recommend

最終更新日:2018/6/18

Copyright (c) 2015 農業を考える All rights reserved.